通信教育で目指そう

社会福祉士を通信教育で目指そう

社会福祉士を働きながら目指したいという方もいるでしょう。

現在の仕事に不満があり、できることなら人の役に立ち、感謝されながら収入を得たいと考える方もいると思います。

そのような方は、通信教育で社会福祉士を目指すと良いのではないでしょうか。

ただ、通信教育で社会福祉士を目指す場合は、その通信教育が受けられるのか、受講資格を満たしているかが重要になります。

誰でも通信教育で資格取得が目指せるわけではありませんから、注意してください。

通信教育で社会福祉士を目指せるのは、一般系の4年制大学を卒業している方になります。

福祉系の4年制大学であれば、介護福祉士になるために必要な単位を修めることがえきるので、在学中に社会福祉士が目指せるでしょう。

一般系大学では、介護福祉士になるために必要な単位を修めることができませんから、通信教育で、一般系大学で取得できなかった福祉系の単位を取ることになります。

また、一般系短期大学3年制や3年制専門学校を卒業し、実務経験1年以上あると通信教育で社会福祉士を目指せます。

一般系短期大学2年制、もしくは2年制専門学校を卒業した場合は、実務経験2年以上で受講できるようになります。

そして、大学や短大へ進学していなくても、介護の現場で実務経験4年以上あると、通信教育で社会福祉士が目指せます。

ただ、福祉系大学の通信教育を受ければ、社会福祉士を目指すことができます。

この場合、通信制の大学へ入学して大学生になるので、学ぶ期間は長期になるでしょう。