働く現場

社会福祉士が働く現場

社会福祉士は介護を必要とする方の相談に乗り、適切なアドバイスをする方々のことです。

ですから、社会福祉士が活躍する現場は、福祉関係の施設が多いでしょう。

老人ホームはもちろんのこと、障害を持った方々が集まる場所が、活躍の場になると思います。

また、相談を受けてアドバイスをするのが仕事ですから、福祉窓口のようなところも働く現場になるでしょう。

ただ、社会福祉士というと、事務系の仕事が主になるのではないかと考える方もいるようです。

介護福祉士が介護を主な仕事とするのに対し、社会福祉士は相談を受けてアドバイスをすることが主な仕事になるので、デスクワークがメインと思ってしまうのかもしれません。

社会福祉士は福祉のアドバイスをすることが仕事ですが、決してデスクワークがメインとはいえません。

雇われている職場にもよりますが、現場で体を使って働いている社会福祉士もいると考えてください。

下積みという研修もかねて、現場を体験させる職場もあるでしょう。

ただ、介護の現場を知らない社会福祉士では、よいアドバイスはできないのではないでしょうか。

介護の現場を自分の体で理解すれば、親身になって相談に乗ることができ、実践的なアドバイスもできるようになるでしょう。