難易度について

社会福祉士の難易度について

社会福祉士は国家資格なので、難易度はある程度高いと考えてよいでしょう。

民間資格の中には、ちょっと独学すれば取得できるような資格も多々あります。

私は秘書検定を持っていますが、本屋さんで過去問と対策本を1冊ずつこなしただけで、取得できたように覚えています。

確かに、民間資格の中には、難しいものもあるでしょう。

民間資格は、級の数が少なくなるごとに難易度が上がるのが一般的で、1級ともなるとなかなか取得できないという方を多く見かけます。

それでも、民間資格はとある団体が認定しているという資格なので、1級を取得していなくても、その職業に就ける傾向にあります。

これに対し国家資格は、その資格を持っていないと就けない職業というのが多々あります。

たとえば、医師免許。

国家資格である医師免許を持っていないのにも関わらず医療行為をすれば、罪に問われます。

社会福祉士は医師免許同様、国家資格です。

ですから、難易度は少々高いと考えてよいでしょう。

国が定める単位や実務研修をこなしていないと、資格を取得することはできません。

福祉系の大学や社会福祉士養成指定機関へ進学して、頑張って勉強しないと、社会福祉士の資格は取得できないでしょう。