社会福祉士は国家資格

社会福祉士は国家資格

資格には大きく分けて国家資格と民間資格があり、社会福祉士は国家資格の1つになります。

国家資格とは国が認定している資格のことで、国家資格の場合、この資格を持っていないと就けない職業が多々あります。

代表例として、医師や弁護士、看護士、教諭といった資格が挙げられるでしょう。

そして、社会福祉士も、これらの資格と同様に国家資格になります。

国家資格は、国が認定している単位や実務研修を受けていないと、取得することができません。

ですから、社会福祉士の資格は、簡単には取得できない資格といえるでしょう。

ただ、その分、持っている方が少ないので、資格を持っている方は就職や転職に困らないことが予想できます。

これに対し、民間資格は、ある1団体が認定している資格になります。

民間企業が認定している資格で、持っていないとその職業に就くことができないということも少ないようです。

ネイル検定なども、民間資格の1つになります。

ネイルの資格は民間資格で、国家資格ではありません。

ですから、ネイルの資格を持っていなくても、ネイリストとして活躍することができます。

民間資格にしても、国家資格にしても、持っていて損はないでしょう。

ただ、将来において、安定して働くなら国家資格のほうがオススメです。

国家資格の難易度は決して低くありませんが、チャレンジする価値のある資格だと思います。