受験資格について

社会福祉士の受験資格について

社会福祉士の資格を取得する道筋は、様々あります。

ですから、自分がどのような道筋を通って資格を取得するのか、慎重に選ぶ必要があります。

社会福祉士は国家資格なので、短期間で簡単に取得できる資格ではありません。

また、資格取得には、それなりの費用がかかります。

ですから、自分にぴったりな道筋を選んで、社会福祉士の資格を効率よく取得しましょう。

まず、資格を取得するために、福祉系の大学へ進学するという方法があります。

福祉系の大学へ進学し、指定されている科目を履修すると、受験資格が与えられます。

また、福祉系の大学で基礎科目のみを履修した場合、短期養成施設などに半年以上所属すると、受験資格を得ることができます。

そして、社会福祉士の資格にチャレンジするために、福祉系の短大へ進む方もいるでしょう。

短大の場合、その短大に何年間在学したかで、受験資格を獲得するまでの道筋が異なります。

短大に3年間在学した場合、指定科目を履修し、相談援助の実務を1年こなすと、受験資格を得ることができます。

短大に2年間在学した場合は、指定科目を履修した後、相談援助の実務が2年間となります。

短大で基礎科目のみを履修する方もいるでしょう。

短大に3年間在学し、基礎科目のみを履修した場合は、相談援助実務を1年間こなすと、受験資格を獲得することができます。