勉強方法について

社会福祉士の勉強方法について

社会福祉士になるには、どのような勉強方法が適しているのか、考える方もいるでしょう。

できることなら楽な勉強方法を選んで、資格が取得できれば、それこそ好都合です。

しかし、社会福祉士は国家資格なので、楽に取れる資格ではありません。

また、勉強方法も、地味な王道になるでしょう。

まず、資格を大学で取得しようと考えたら、大学受験を突破しなければなりません。

ですから、大学へ行って社会福祉士になろうと考えるなら、まずは受験勉強をしてください。

また、専門学校へ行って資格取得を目指す方もいるでしょう。

専門学校への入学は書類専攻のみのところもあるので、入学願書をどのように揃えて提出すればよいのか、しっかりと確認してください。

ここで、受験勉強をしなくて済む専門学校のほうが、大学よりも楽な勉強で資格が取れるのではないかと考える方もいるのではないでしょうか。

しかし、それは大きな間違いといってよいでしょう。

社会福祉士は国家資格で、受験して合格しないと資格を取得することはできません。

その試験は、大卒であろうと、専門卒であろうと、同じ内容です。

ですから、社会福祉士の受験をするときは、過去問などをしっかりととき、受験対策をする必要があります。