社会福祉士とは

社会福祉士とは

社会福祉士とは、福祉に関する相談を受けたら、それに対して適切なアドバイスを行う方のことです。

社会福祉と似た福祉系の資格に介護福祉士がありますが、介護福祉士は介護をすることが主な仕事になります。

また、ソーシャルワーカーと呼ばれ、介護福祉士はケアワーカーと呼ばれます。

どちらも福祉系の国家資格であり、現在、大変な注目を集めています。

資格を持っていれば、景気に左右されることなく、安定した収入を得られると考える方が多いのでしょう。

また、社会福祉士のニーズが高いことから、資格を取得して福祉系で働けば、収入が途絶えることがないと考える方もいると思います。

現在、日本は高齢化社会を迎え、介護を必要とするお年寄りが増えてきました。

それに伴い、介護福祉士、社会福祉士のニーズも高まっています。

ですから社会福祉士の資格を取得すれば、就職や転職に有利になるでしょう。

社会福祉士は国家資格ですから、一生懸命勉強しないと、取得することはできません。

また、ペーパー試験だけで取得できる資格ではなく、実務も必要となります。

資格取得のための勉強方法は、様々あります。

福祉系の大学へ進学するのもひとつの方法ですし、養成機関へ進学するのもよい方法です。

社会福祉士の養成機関は指定制で、養成学校で勉強すると、資格取得が目指せるようになります。

ですから、社会福祉士になろうと考えたら、進む学校をしっかりと確認することが重要でしょう。